Vue CLI 3でプラグインをインストールする場合、vue addコマンドで簡単に追加できます。
一方、プラグインをアンインストールするコマンドは用意されていません。
よって、プラグインのアンインストールは手動で行う必要があります。

今回は、ユニットテストに使っていた@vue/cli-plugin-unit-mocha をアンインストールして、新しく@vue/unit-jest をインストールします。

@vue/cli-plugin-unit-mochaのアンインストール

npmコマンドを使ってパッケージを削除します。

$ npm uninstall @vue/cli-plugin-unit-mocha

過去のコミットから、プラグインをインストールした時に追加された変更を調べて全て削除します。

  1. package.jsonからコマンド"test:unit": "vue-cli-service test:unit"を削除します。
  2. testsフォルダを、中に入っているunitフォルダやexample.spec.jsごと削除します。

これでアンインストールは完了です。

@vue/unit-jestのインストール

こちらはvueコマンドを使ってインストールします。インストールはコマンド一発で簡単です!

$ vue add @vue/unit-jest

テストコマンドを打って動作確認します。
もしすでにHelloWorld.vueを削除していたら、新しく追加されたtests/unit/example.spec.jsは動かないので、過去のコミットから復活させておく必要があります。

$ npm run test:unit

> xxxx@0.1.0 test:unit /Users/zzzmisa/myApp
> vue-cli-service test:unit

 PASS  tests/unit/example.spec.js
  HelloWorld.vue
    ✓ renders props.msg when passed (31ms)

Test Suites: 1 passed, 1 total
Tests:       1 passed, 1 total
Snapshots:   0 total
Time:        3.355s
Ran all test suites.

できた!