環境

  • Raspberry Pi 3(以下ラズパイ)

    # Raspbianのバージョン確認
    $ lsb_release -a
    No LSB modules are available.
    Distributor ID:	Raspbian
    Description:	Raspbian GNU/Linux 8.0 (jessie)
    Release:	8.0
    Codename:	jessie
    
  • AirStation WSR-2533DHP2(以下エアステーション)

エアステーションのIPアドレス設定

エアステーション設定ツールから、無線親機のIPアドレス設定を行っておく。
デフォルトでは、「DHCPサーバーからIPアドレスを自動的に取得する(かんたん)」にチェックが入っているので「次のIPアドレスを使う(上級者・管理者向け)」にチェックを入れる。
エアステーション自体の物理スイッチもデフォルトでは「AUTO」になっているので、「MANUAL」に変えておく。
以下のスクショでは192.168.11.1に設定。

IPアドレスの自動割当範囲の確認

ラズパイに割り当てるIPアドレスは、エアステーションのDHCP機能(IPアドレス自動割当機能)によって割り振られるIPアドレスの範囲外にしたいため、自動で割り振られるIPアドレスの範囲を確認しておく。
以下のスクショでは、192.168.11.1から64台。
よって、Raspberry Piには192.168.11.70を割り当てることにする。
もし他にも手動で固定IPを設定している機器があれば、その機器とも被らないようにする。

ラズパイへの固定IPアドレスの割り当て

設定前に現在のラズパイのネットワーク経路情報を確認しておく。

$ ip route
default via 192.168.11.1 dev wlan0  metric 303 
192.168.11.0/24 dev wlan0  proto kernel  scope link  src 192.168.11.13  metric 303 

/etc/dhcpcd.confを開き、最下部に設定したいインターフェース名、固定IPアドレス、ルーターのアドレス、DNSのアドレスを追記する。

interface wlan0
static ip_address=192.168.11.70/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

dhcpcdをリロード。

$ sudo service dhcpcd reload

一旦ラズパイからWifiを切断して繋ぎ直す。

再度ネットワーク経路情報を確認し、192.168.11.70が設定されていることを確認する。

$ ip route
default via 192.168.11.1 dev wlan0  metric 303 
192.168.11.0/24 dev wlan0  proto kernel  scope link  src 192.168.11.70  metric 303 

sshなどからも、192.168.11.70にアクセスできることを確認できたらOK!