環境

macOS Sierra 10.12.6

VagrantとVirtualBoxのインストール

VagrantはVagrantの公式サイト、VirtualBoxはVirtualBoxの公式サイトから、それぞれdmgファイルをダウンロードしてきてインストールします。
今回インストールしたVagrantのバージョンは2.0.0で、VirtualBoxのバージョンは5.1.28です。

Vagrantの初期化と実行

VagrantのGetting Startedのページを参考に操作していきます。 これ以降はコマンドラインで操作します。

まずは仮想マシン専用のフォルダを作成してinitを行います。

$ mkdir centos73
$ cd centos73
$ vagrant init bento/centos-7.3 

vagrant initすると、Vagrantfileが作成されます。
Vagrantfileを編集することで、立ち上げる仮想マシンの設定を変えられます。

bento/centos-7.3の部分は、box名を指定します。 boxはDiscover Vagrant Boxesから検索できます。
Ubuntuを試したければUbuntuのbox、Raspberry Piを試したければRaspbianのBoxを指定します。
今回利用したbento/centos-7.3は、Chef社が公開しているBento ProjectのCentos7.3のboxです。

ちなみにboxはVagrantのホームディレクトリに配置されます。デフォルトでVagrantのホームディレクトリVAGRANT_HOMEは、~/.vagrant.dになっています。

$ vim Vagrantfile 

仮想マシンを起動します。

$ vagrant up

初回は立ち上がるまでには少し時間が掛かります。2回目以降はすぐに立ち上がります。

Vagrantの終了

vagrantを終了するには、vagrant haltコマンドを打ちます。 終了後、vagrant upを打つと、再び仮想環境を立ち上げることができます。

$ vagrant halt

仮想マシン自体を壊すには、vagrant destroyを打ちます。

$ vagrant destroy

以上です。