Hugo

HUGOサイトをMacのローカル環境に置いてLAN内から確認

HUGOで作ったサイトを、Macのローカル環境に立てたWebサーバに置いて、同一LAN内の端末から確認します。 サイトを公開する前に、スマホなどでレイアウトを確認する時に使えます。 環境 macOS Sierra 10.12.2 手順 ifconfigかシステム環境設定で、MacのローカルIPを確認する。 ローカル環境用にHUGOサイトをビルドする。 -bオプションにて、上記で確認したローカルIPをbaseURLに指定。 -dオプションにて、公開用のpublicとは別のフォルダをビルド先に設定。 $ hugo -b http://192.168.xxx.xxx/ -d public_for_local -t hugo_theme_robust ApacheのDocumentRootを、HUGOサイトをビルドしたフォルダに書き換える。 $ sudo vim /etc/apache2/httpd.conf # DocumentRoot "/Library/WebServer/Documents" # <Directory "/Library/WebServer/Documents"> DocumentRoot "/hogehoge/public_for_loacl" <Directory "/hogehoge/public_for_loacl"> Apacheを立ち上げる。 $ sudo apachectl start Macと同一LAN内の端末のブラウザで http://192.168.xxx.xxx/ にアクセスすると、ビルドしたHUGOサイトが表示されるはず。 もし「It works!」が表示される場合は、DocumentRootの設定が上手く行っていない。 「It works!」も表示されない場合は、Apacheの起動が上手く行っていない。 以上です。

HUGO のテーマ Robust のカスタマイズ

このブログは、静的サイトジェネレータ HUGO で作っていて、 Robust というテーマをちょっぴりカスタマイズして使用してます。 この記事はカスタマイズ内容のメモです。 全体の設定 基本的な設定 config.tomlでbaseurl、title、googleAnalyticsを設定。 カテゴリの非表示 config.tomlに以下を追記。 [taxonomies] tag = "tags" デフォルトでカテゴリとタグが用意されいますが、カテゴリは使わないのでタグだけの表示にしました。 サイドバー ABOUTの追加 themes/hugo_theme_robust/layouts/partials/sidebar.htmlを layouts/partials/sidebar.htmlにコピーして、以下を追記。 <section> <header>about</header> <div> <div class="row"> {{ range first 1 .Site.Pages.ByDate }} <div class="col-md-12 col-sm-6 col-xs-12"> <article class="li sm"> <a href="{{ .Permalink }}" class="thumb"{{ with .Params.thumbnail }} style="background-image: url({{ $.Site.BaseURL }}{{ . }});"{{ end }}></a> <header> <div class="title"><a href="{{ .Permalink }}">{{ .Title }}</a></div> </header> </article> </div> {{ end }} </div> </div> </section> とりあえず、投稿日時が早い最初の1件をABOUT以下に表示するようにしました。